残った財産を社会に役立ててほしい。遺産を社会に役立ててほしい。
そのような想いから遺産を非営利団体へ寄付することを「遺贈寄付」といいます。
ご自分の想いを託したい、寄付したい団体が決まっていない場合、探していくヒントをご紹介します。

今まで寄付したことがある団体から探す

今まで寄付をしたことがある団体があれば、団体名を書き出してみます。
寄付したのは、その団体の何に共感したのでしょうか?活動内容、歴史、知名度、活動している地域、信頼感、その団体の雰囲気、働いている人の人柄、など。
その中で自分が重視する項目は何でしょうか。自分が重視する項目に当てはまる団体はあったでしょうか。

今まで寄付した団体なら、お手元に資料が残っているかもしれません。
資料がなかったり古かったりする場合は、インターネットで調べたり、団体へ連絡して取り寄せてみましょう。

今までの人生を振り返ってみる

今までの人生を振り返ってみて「遺贈したい」という想いにつながる、きっかけや理由を探してみます。
きっかけや理由は何でしょうか。きっかけや理由から、活動分野や活動地域を選んでみます。

活動分野でしたら、子供の貧困、被災地支援、環境保護、医療の研究など。
活動地域でしたら、生まれ育ったところ、住んでいるところ、行ったことがあるところ、日本国内なのか、海外なのか、など。

活動分野や活動地域が絞れたら、当てはまる団体に連絡して資料を取り寄せたり、団体の説明会へ参加してみましょう。
自分の想いが託せる団体か確認してみましょう。

遺贈寄付をする団体へ事前に連絡

遺贈寄付を受ける団体には、亡くなった後に「遺贈するという遺言書があります」と連絡がくることが多いようです。

遺贈寄付をする団体へは事前に連絡をしておくと、遺贈寄付にこめた自分の想いがより伝わります。
亡くなってからだと、ご本人から遺贈寄付をした方の想いをきくことができません。
また、遺贈する財産の種類によっては、団体によって受け入れられなかったりします。

遺贈寄付に興味があるが、どこを選んだらいいのか分からないときに参考にしてみてください。

【サービスメニュー】
単発相談
相続対策・相続税のシミュレーション
相続税の申告
遺贈寄付コンサルティング

相続のフリーマガジン無料送付の申し込み